特殊清掃の求人は

特殊清掃は、遺体があったところの清掃や遺品整理が仕事となります。

現場は大変な状態になっていることが多く、普通のサラリーマンとは仕事内容が全く違います。

また、勤務時間も不規則になりがちで、かなり厳しい仕事だと言えます。

特殊清掃といった仕事の求人はどうなのでしょうか。

このような仕事をするところでは、毎年新入社員を採るわけではありません。

欠員が出た時に募集をすることが多いです。

ですから、常に求人が出ているわけではないのです。

それに、特殊清掃の仕事は、正社員よりもバイトの方で求人が出ていることが多いようです。

本当に特殊な仕事ですから、「裏バイト」と言われることもあります。

裏バイトというと、怪しい仕事をしているのかと思ってしまいますが、そうではありません。

実際に存在し、犯罪ではない堅実なバイトの中に特殊清掃は入ります。

亡くなった人がいた部屋を掃除する仕事ですが、掃除だけではありません。

部屋の補修や遺品の整理、不用品の処分なども行います。

現場では、遺体を目にすることはありませんが、長期にわたり発見されなかったとか、事件や自殺で亡くなった現場などは凄惨な状態であることが多く、それに耐えられないという人が多いです。

害虫がわいていたり、異臭が充満した現場は、マスクをしていても辛く、そう簡単に慣れるものではありません。

他のバイトよりも給料が良いからと応募する人も多いですが、耐えられないと言って辞める人も多いです。

この仕事は、体力よりも精神的に強い人が求められるのかもしれません。

参考…ど素人でも特殊清掃員の仕事はできますか?