特殊清掃の給料はどうか

では、特殊清掃の給料はどのくらいなのでしょう。

裏バイトとして特殊清掃が挙げられているようですが、報酬はどれくらいなのでしょうか。

仕事内容は、とてもキツイものです。

自然死だけでなく、事件や自殺で亡くなった人の現場に入って掃除をするわけですから、初めて現場に入ったら気分が悪くなる人が多いと聞きます。

正直言って、誰もやりたくない仕事とも言えます。

向き、不向きがある仕事と言えますが、嫌なことばかりではありません。

遺族や不動産のオーナーから涙ながらに感謝されることが多く、それがやりがいと感じるようです。

遺族からしても、亡くなった人が大切な身内だとはいえ、腐敗臭がただよい、蛆やハエが飛び交う現場にはそう簡単に入れるものではありません。

厳しい仕事というだけあって、特殊清掃の仕事をしている人の給料は、月収で30万円から50万円と、一般企業よりも高水準となっています。

バイトの場合でも、日給で1万円から2万円となっているので、他のバイトよりは高給と言えるでしょう。

しかし、毎日の仕事として継続していくことは大変です。

「慣れたら大丈夫」というようなものではなく、精神的にタフでないとこなせるものではありません。

遺体の腐敗臭は衣類にしみつくと取れないと言われていますので、防護服を身につけ、ゴーグルやマスクもつけて現場に入ります。

冬場は良いですが夏場は暑くて大変です。

体力と精神力が必要な仕事なので、給料が高いと言うだけで簡単に決めるのは止めた方が良いです。

■関連URL:http://allabout.co.jp/gm/gc/4574/