特殊清掃の詳しい内容

特殊清掃は、どのように行われるのかご紹介しておきます。

これから特殊清掃の仕事に就こうと考えている人は、参考にしてください。

特殊清掃は亡くなった人がいた現場の原状回復をする仕事です。

ですから警察が遺体を搬出してから現場に入ります。

まず、遺品の量や室内の臭いや汚れを確認し、どのような作業が必要かを見積ります。

遺族の方が現場に入るのは精神的にダメージが大きいという場合は、特殊清掃の担当者が現場の状況を遺族に説明します。

作業に入る前に、まず感染症の予防のために室内を消毒します。

ここでは強力な消毒、消臭剤を塗布します。

死体の腐敗臭は、普通の消臭剤や空気清浄機を使ってもとれないのです。

消毒や消臭作業が終わったら、特殊清掃作業に入ります。

遺体から出た血液や体液が床や畳にしみ込んでいる場合は、床や畳をめくって処理しなければなりません。

表面だけをきれいにしても、腐敗臭は取れないからです。

必要ならば、床や壁のリフォーム工事の手配をします。

そして遺品整理、不用品の処分となります。

特殊清掃、遺品整理などが終わり、部屋の中のものを搬出したら、徹底的に消臭作業を行います。

特殊清掃業者の中には、オゾン消臭器を使い、消臭を行っているところがあります。

そうしないと、賃貸物件の場合は、次に誰も入居できなくなるからです。

特殊な現場の場合は、このように徹底的に除菌、消臭、清掃を行ってくれる特殊清掃専門の業者に依頼するようにしましょう。